Aマッソの不適切な発言がヤバい!売れない理由は嫌われすぎてるから!?

M-1グランプリ、キングオブコントに準決勝まで進出した経歴を持ち、芸歴10年になります。

Aマッソがなかなか日の目を見ない原因を調査しました。

炎上した不適切発言や、嫌われる原因についてまとめました。

Aマッソ売れない理由は?

Aマッソ

 

・キングオブコント2020 準々決勝進出

・女芸人No.1決定戦 THE W 2020 決勝進出

・M-1グランプリ2020 準々決勝進出

などまずまずの成績を収めているにもかかわらず、なかなか日の目を見ない2人。

売れない理由を考察してみました。

①ネタや芸風が独特

Aマッソ 加納愛子

Aマッソ 加納愛子

王道のどキツイ関西弁と、キレキレのワードセンスによる尖りまくった漫才やコントを演じています。

2018年2月13日「ゴッドタン」に加納愛子さんが出演した時に、以下のような悩みを明かしていました。

・番組の事前アンケート「現在彼氏はいますか?」であったり、スタジオにイケメンが来た時の「キャー」要因

お笑いをやりたくてこの世界に入ったのに、テレビでは女性としての意見しか求められない

・女芸人としての面白さを発揮することが許されていない

・(Aマッソが)デブ・ブスという女芸人的においしいインパクトがあるわけでもない、だからといって見た目を奇抜にするのはいや…「普通に売れたい!

見た目やモテないキャラを売りにしてきた今までの「女芸人」のイメージを覆したい。

あくまでネタで勝負するスタイルを模索しているからこそ、なかなか「売れない」現実があるようです。

②事務所が扱いにくい

キンタロー

キンタロー

Aマッソは事務所をクビになった過去がありました。

現事務所の前に所属していた大阪松竹の養成所にスカウトされ、女芸人コース一期生になりました。

事務所に勧められたオーディションを断ったり、水着審査NG、バニーガールの衣装でのネタ披露拒否をした結果、事務所をクビになっています。

同じ事務所の先輩であるキンタローさんと共演した際、加納愛子さんがツッコミのつもりで後ろからお尻を蹴り上げました。

マネージャーに「ウチの商品を傷つけないでくれ」と本気で怒られていました。

Aマッソは大阪なおみに関する不適切発言で嫌われている?

Aマッソ

2019年9月22日に出演したライブでのAマッソの発言が炎上しました。

「質問に対して薬局にあるもので答える」という問

大坂選手に必要なものは?と聞かれ

漂白剤。あの人日焼けしすぎやろ!」と答えました。

これに対し、不適切発言であると大バッシングを受けました。

後日、Aマッソの2人は「特定の人の名前を挙げてダイバーシティについて配慮を欠く発言を行った」と公式サイトで謝罪しました。

Aマッソ 村上 謝罪文 Aマッソ 加納 謝罪文

Aマッソはネタが原因で嫌われている?

Aマッソ

尖った芸風や独自の世界観から、好みがはっきり分かれていました。

女芸人を売りにしない芸風で、基本的に容姿や性別は関係ないフラットなネタが中心のため、お笑い好きのコアなファンは多くいます。

ですが、子どもやお年寄りなど、大衆には「ウケにくい」というのが現状のようです。

Aマッソ売れない理由は?まとめ

Aマッソのキレキレの関西弁と尖った芸風で、お茶の間をわかせるのはなかなか難しいです。

漫才やコントをはじめ、Wボケ、Wツッコミのスタイルの漫才やリズムネタも披露したこともあり、ネタ数は数百本に及ぶます。

大衆に受け入れられ、女芸人としてではなく漫才コンビとして売れていくのを応援していきたいです。

芸人
NEXT JOURNAL