3時のヒロインが嫌われる5つの理由!力不足と批判されていた!

3時のヒロイン

THE W三代目王者の3時のヒロイン。

意外にも「嫌い」「苦手」といった声がありました。

今回は、3時のヒロインが嫌われる理由について調査します。

3時のヒロインが嫌われる5つの理由!

3時のヒロイン

テレビでも見ることが多い3時のヒロイン。

最近では3時のヒロインとしてだけでなく、各個人でも活躍が目立っています。

嫌われる理由を調査してみると、5つの理由が見つかりました。

それでは一つ一つ見ていきましょう。

①ネタが飽きた

3時のヒロイン

3時のヒロインはそれぞれ特徴があり、それを活かしてネタを披露しています。

  • 福田麻貴さん・・・ツッコミ、ネタ作り担当
  • ゆめっちさん・・・歌う担当
  • かなでさん・・・・踊り担当

特に「アッハ~ン」と叫ぶ海外ドラマネタが一番有名です。

ネタのパターンとして、重要なのがボケ担当のゆめっちさんとかなでさん

二人が奇抜なキャラクターや踊りを披露し、福田麻貴さんがツッコミをするのが王道となっています。

そのパターンに飽きている人もいるようです。

多忙が重なり、ネタの開発が難しい状況なのかもしれません。

②フリートークが面白くない

3時のヒロイン

現在でもトーク番組に多数出演しています。

THE Wで優勝した副賞として、他番組への出演権を獲得したことでその後も出演が多くなりました。

その番組を見てネットではこんな声が。

  • 面白くない
  • 大きい声で面白くしているだけ
  • キャラが濃すぎて、トークが入ってこない

などの声があります。

最近はYouTuberなどのトークが面白い人も出演しているので、トークが面白くない芸人は干されてしまう可能性も。

恋愛トークは定評があるようです。

③可愛くない

3時のヒロイン

3時のヒロインの見た目を嫌いという人も多くいました。

ゆめっちさんとかなでさんは「おデブ体型」、福田麻貴さんは「少し大きめな鼻」と全員が身体的特徴を持っています。

人には好みがあるので、受け入れられない人もいるのでしょう。

特に福田麻貴さんは元アイドルということも公言しています。

3時のヒロイン

そういった発言も好みじゃない人の気持ちを助長しているのかもしれません。

④ゴリ押し

3時のヒロイン

最近のトーク番組では、キャラクターが濃い人が目立ちます。

3時のヒロインもキャラクターは濃いですが、ネットではこんな声が。

「面白くないのに、テレビに出れる理由が分からない」と、出演のゴリ押しが気に食わない人も多くいます。

所属事務所と番組制作側の事情があるのかもしれません。

⑤嵐ファンのアピールがヤバい

3時のヒロイン

かなでさんは嵐ファンということを多数の番組で公言しています。

そのことが嵐ファンを中心に非難されているのだとか。

  • 二宮和也さんの担当だと発言した
  • 二宮和也さんのダンスを披露

一般の人だと問題ないなさそうですが、かなでさんは

  • 二宮和也さんに会うために芸人になったと発言

一部のファンからは芸人の立場を利用した「職権乱用」などの声もあります。

3時のヒロイン

好きなことを発言することに罪はないですが、発言頻度は考える必要があるのかもしれません。

3時のヒロインが力不足と批判されていた!

3時のヒロイン

きっかけは、日本テレビの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」

長年レギュラーを務めていた「森三中」が卒業するニュースが流れました。

そのニュースを見てこんな声が。

森三中の黒沢さんがコロナで休業した際にも3時のヒロインが抜擢されます。

「黒沢の休業を受け『イッテQ』でも3人の出演を見合わせることになった。そこで、急きょ、代わりに引っ張り出されることになったのが『3時のヒロイン』の3人だったんです」(日テレ関係者)

引用:東スポWeb

  • トリオ女芸人
  • ぽっちゃり体型

ネタはまったく違いますが、特徴が比較しやすかったのが助長して「力不足」と判断されてしまいます。

森三中に比べて、芸歴もまだまだ浅いので仕方ない部分もありますね。

かなでの実家がお金持ち!

3時のヒロイン・かなではお金持ちで実家が豪邸すぎる!桐朋学園出身のお嬢さまだった!

3時のヒロイン・かなではお金持ちで実家が豪邸すぎる!桐朋学園出身のお嬢さまだった!
2019年『女芸人No.1決定戦 THE W』で優勝した、3時のヒロインのかなでさん。愛嬌のあるキャラクターにキレキレのダンスで人気のある彼女。実家がお金持ちで、豪邸に住んでいると話題になったことがあります。桐朋学園出身のお嬢さまで...

まとめ:3時のヒロインが嫌われる5つの理由!力不足と批判されていた!

今回は3時のヒロインについて調査しました。

THE Wを優勝して劇的に環境が変わり、批判も増えてしまいました。

批判が多いのは人気になるには必要なことなので、今後も頑張ってほしいですね。

芸人
NEXT JOURNAL