二宮和也の演技が上手いのに下手と言われる5つの理由! 評価が高い理由を調査!

二宮和也

人気アイドルグループ嵐のメンバーである二宮和也さん。

嵐として活動は休止していますが、バラエティや俳優活動などマルチに活躍しています。

今回はそんな俳優としての二宮和也さんの、演技力について調べてみました。

二宮和也の演技が上手いのに下手と言われる5つの理由!

二宮和也

映画やドラマなど数々の作品に出演、役者として輝かしい功績を残しています。

 ・「硫黄島からの手紙」ではハリウッドデビュー。

・CNNの「まだ世界的に名前が知られていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選出

・『母と暮せば』で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞。

そんな二宮さんですが、演技が下手なんて意見もありました。

演技が下手と言われてしまう理由を、詳しく調査していきます。

①わざとらしい

二宮和也

二宮和也さんの演技が、わざとらしいという意見があります。

役柄やあえてそう演じている場合もありますが、人によってはわざとらしいと感じてしまうのでしょうか。

②役に合っていない

二宮和也

役にあってないとの意見がありました。

これに関してはキャスティングの問題のような気もします。

役にあってないと感じる人がいるのであれば、演じ切れていないと言う事なのでしょうか。

③ワンパターン

二宮和也

毎回、演技がワンパターンという意見もありました。

自然体の演技が、ワンパターンと捉えられてしまうのかもしれません。

④どの役も二宮和也

二宮和也

二宮和也さんの演技力の強みに、自然体で役を演じる事が出来る事だと思います。

あまりにも自然であるからこそどの役も二宮和也さんであると感じられてしまうのでしょう。

このことから、役を演じ分けられていないと思われてしまうのかもしれません。

⑤台詞が聞き取りにくい

台詞が聞き取りにくいとの意見もありました。

こちらは、「検察側の罪人」に出演した際のネットの反応です。

監督である原田眞人さんの、こだわりが一因かもしれません。

台詞を噛んでも、役者の判断で演技を途中で止めることを許さない方針

勝手にアドリブを入れても、迫真の演技であれば採用

迫真の演技を求めた結果、台詞が聞き取りにくくなることもあるのでしょう。

二宮和也の演技の評価が高い理由を調査!

二宮和也

ハリウッドデビュー日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞など、輝かしい実績がある二宮和也さん。

その演技は、業界の大御所からも高く評価されています。

映画『青の炎』(2003年)でタッグを組んだ蜷川幸雄監督からも「役を理解して繊細に演じる」と高く評価されている。

引用:Yahoo!ニュース

二宮和也さんの抜群の安定感や、様々な時代の役にも対応できる力が高く評価されている要因です。

 ・第二次世界大戦を描いた映画『硫黄島からの手紙』

・戦後を舞台にした映画『母と暮せば』

・徳川家の女性たちを題材にした「大奥」

現代と違う時代背景を題材にした作品に多く出演。

この様な作品では独特の言い回しなど、現代劇とは違う難しさがあります

それを演じ切る対応力が、演技力の高い評価に繋がっているのではないでしょうか。

    

二宮和也の嫁・伊藤綾子がヤバい!

伊藤綾子が匂わせ連発で祝福されない!A子にぞっこんな二宮は見る目がない?!

伊藤綾子が匂わせ連発で祝福されない!A子にぞっこんな二宮は見る目がない?!
2019年11月に伊藤綾子さんは二宮和也さんと結婚、2021年1月13日に妊娠のニュースが流れました。 祝福の声が多く上がる一方で、残念な声も多く目にしました。 その理由をまとめました。 伊藤綾子が匂わせ連発で祝福されない! ...

まとめ:二宮和也の演技が上手いのに下手と言われる5つの理由! 評価が高い理由を調査!

二宮和也さんの演技力について調べてみました。

受賞歴や出演作品、大御所からの評価などに裏打ちされた、高い演技力がある事がわかります。

現在38歳の二宮和也さん、年齢を重ね今後どんな演技を見せてくれるのか目が離せません。

ジャニーズ
NEXT JOURNAL