大泉洋の演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!代表作から評価を調査してみた!

大泉洋

映画やCMに引っ張りだこで2020年、20201年には2年連続で紅白歌合戦の司会者を務めた大泉洋さん。

そんな大泉洋さんの演技力が上手い?下手?には賛否があるみたいです。

今回はそんな大泉洋さんの演技が下手といわれる理由について調べてみました。

大泉洋の演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!

大泉洋

大泉さんはドラマや映画に多数出演しており、輝かしい功績を多数残しています。

  • 第55回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞 (暴れん坊ママ) (2007年)
  • 第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞 (探偵はBARにいる3)(2017年)
  • 第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演男優賞 (ノーサイド・ゲーム)  (2019年)

2021年のCM起用者数ランキングでは人気俳優、タレントを抑えて3位という結果になっています。

そんな大泉さんですが、演技が下手という声もありました。

大泉洋さんの演技が下手といわれる理由を、詳しく調査していきます。

①演技が大げさすぎる

大泉洋

大泉洋さんの演技に対して、大げさであるという意見があります。

確かに大泉さんは個性的な役が多いこともあるため、演技がオーバーに見えると感じてしまうのでしょうか。

②わざとらしく見える

大泉洋

大泉さんの演技やバラエティーでの対応がわざとらしく見えるとの声がありました。

この理由として舞台俳優経験があるためという点が挙げられています。

舞台演技はテレビよりも大げさにわかりやすく演技する必要があるため、わざとらしさを感じる人が多いのでしょうか。

③キャラが濃い

大泉洋

大泉洋さんといえばその明るくてひょうきんな性格が人気の理由の一つでもあります。

そのイメージが強すぎるが故に、キャラが濃いという声があります。

キャラが濃すぎるために役を演じても大泉さんにしか見えないという意見がありました。

自分のキャラを脱することができていないということでしょうか。

大泉洋の演技・代表作から評価を調査してみた!

大泉洋

数々の作品に出演している大泉洋さん。

代表作といえば第35回日本アカデミー賞7部門にノミネートされた「探偵はBARにいる」ではないでしょうか。

大泉洋さんのキャラクターやイメージが演技上で影響し、違和感を感じる人がいました。

2018年映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」では、高く評価されています。

はまり役の際は「最高!」「すばらしい!」との声が多くありました。

まとめ:大泉洋の演技が上手いのに下手と言われる3つの理代表作から評価を調査してみた!

沢山の出演作品、受賞歴があることから、高い演技力があることがわかります。

その演技にも賛否両論があり、一部の人からは下手ととらえられることが分かりました。

今後も大泉さんがどんな役柄を演じてくれるか楽しみです。

俳優
NEXT JOURNAL