藤島メリー死去でタッキーの時代到来⁈元SAMPメンバーの立場が好転するか調査

アフィリエイト広告を利用しています。

ジャニーズ事務所

2021年8月17日、ジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長が亡くなったことが明らかになりました。

名誉会長が亡くなったことで、ジャニーズ事務所は大きな転換期を迎えそうです。

副社長の滝沢秀明さんの手腕が問われる時がきました。

今後。ジャニーズ事務所はどのような変化を見せるのかSNSの声から調査しました。

藤島メリー死去でタッキーの時代到来⁈

藤島メリー

2021年8月14日午前7時35分藤島メリー泰子さんが、肺炎のため都内の病院で死去しました。

2年前には実弟で事務所創業者の、ジャニー喜多川さんが他界

ジャニーズ事務の立役者がまた一人、この世を去りました。

これによりジャニーズ事務の古い大衆が一掃され、副社長である滝沢秀明さんの時代が訪れるのではとの声がありました。

藤島メリー死去で元SAMPメンバーの立場が好転するか調査

SMAP

偶然にも8月17日は、SAMP解散発表日と同日

藤島メリーさんの訃報をこの日に出したのには、意味があるのかもしれませんね。

とはいえ、SMAPは藤島メリーさんや現ジャニーズ事務所社長の藤島ジュリーさん達と、揉めた過去もあります。

ジャニーズ事務所名誉会長である藤島メリーさんが亡くなっても、現社長が変わるわけではないので実質的な体制の変化はないと考えられます。

ファンとしては、SMAPの再結成を願ってしまいますね。

まとめ:藤島メリー死去でタッキーの時代到来⁈元SAMPメンバーの立場が好転するか調査

SMAPを始め、多くのアイドルを育て上げた功績者。

また一人ジャニーズの功績者が亡くなり、とても残念です。

これを機に、ジャニーズ事務所の未来が好転することを願います。

ジャニーズ
NEXT JOURNAL