竹原ピストル「今宵もかろうじて歌い切る」歌詞の意味は?リリース情報もお届け!

バイプレーヤーズ

2021年1月放送の「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」のエンディングテーマソングに竹原ピストルさんの楽曲が流れます。

歌詞の意味やメッセージを独自に解釈しました。

楽曲のリリース情報もまとめています。

竹原ピストル「今宵もかろうじて歌い切る」歌詞の意味は?

竹原ピストルさんが「パイプレイヤーズ」のエンディング曲を担当するのは今作で3回目となります。

今回もドラマのために書き下ろされた楽曲のため、初回放送日での2021年1月8日まで詳細はわかりません

まだ歌詞が公開されていない段階ですが、ドラマのストーリーや竹原ピストルさん、ドラマ監督のコメントから、どのような曲に仕上がっているのか独自解釈しました。

「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」ストーリー

バイプレーヤーズ

都心から離れた森にある撮影所「バイプレウッド」がドラマの舞台です。

各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる、100日間の物語です。

視聴率バトルや若手・中堅・大御所間のぶつかりあいや友情物語など、盛り沢山の内容!

本人役だからこそできる、自虐やパロディも満載です。

竹原ピストル:コメント

竹原ピストルさんが、作詞作曲についてコメントしています。

「今宵もかろうじて歌い切る」という歌は、自分の生業への、それこそ愛着、執着、自負の歌なのかもしれません。その道をひた走り続けてきた、そしてひた走り続けていくのであろう、役者の皆様が躍動、活躍するこの作品に、きっとぴったりしっくりくる歌だと思います。機会をありがとうございました。

監督 松居大悟:コメント

「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」監督の松居大悟さんがドラマについてコメントしていました。

むちゃくちゃなことをやっています。僕らもよくわかっています。

各所から怒られるような、酒に酔って夢描くような、灰色の現実をねじ伏せてしまうような

役者に感謝を、スタッフに敬意を、現場に愛を。本当にありがとうございます。

竹原ピストル「今宵もかろうじて歌い切る」歌詞の意味を独自に解釈!

竹原ピストルさんの「弾き語り調と魂の込められた歌声」が、個性豊かなメンバー達のドラマの最後を締める役割を担いそうです。

過去の「バイプレイヤーズ」2作のエンディングテーマを調査したところ…

「バイプレイヤーズ」第1弾の「Forever Young」

「若くあろうとするな。若くあろうとするから老けるんだよ。」というフレーズが印象的です。

「老い」を理由に諦めてしまうのではなく、「若さ」に囚われずにどんなことにも立ち向かう姿勢を歌っていました。

「バイプレイヤーズ」第2弾の「ゴミ箱から、ブルース」

生活の中で垣間見える、「明日への希望」を表現した曲です。

「今宵もかろうじて歌い切る」の歌詞は、どんなことにも立ち向かう姿勢の先に見える世界を歌っているのではないでしょうか。

竹原ピストルさんのコメントのように「バイプレイヤーズへの愛着、執着、自負の歌」で「噴き上がる思い」を代弁してくれる楽曲に仕上がっていると思います。

竹原ピストル「今宵もかろうじて歌い切る」リリース情報をお届け!

今宵もかろうじて歌い切る

2021年1月9日に配信リリース

CD発売情報はありませんでした。

竹原ピストル「今宵もかろうじて歌い切る」歌詞の意味は?まとめ

竹原ピストルさんのダイナミックな語り弾きで、物語の世界観に引き込んでくれるような楽曲に仕上がっていることでしょう。

竹原ピストルさんは歌手だけでなく、俳優としても活躍されています。

ドラマ本編にも出演予定とのことなので、どんな役で登場するのか楽しみです。

ドラマ主題歌
NEXT JOURNAL