大迫傑のピアスに賛否両論!付けている理由がかっこよかった!

大迫傑

大迫傑選手は、五輪種目5000メートル、マラソンの日本記録保持者です。

坊主にピアスというスタイルに、SNSなどでは賛否両論の声があります。

大迫傑選手が、ピアスを着けているの何故でしょうか?

理由を調査しました。

大迫傑のピアスに賛否両論!

大迫傑

東京五輪の陸上男子マラソンに出場内定している、大迫傑選手。

ピアスをしている姿に、SNSでは賛否両論の声がありました。

「かっこいい!」という声がある一方で、「受け付けない」という批判的な声の方が多く見られました。

大迫傑選手がピアスを着けている理由は何でしょうか?

理由を調査しました。

大迫傑がピアスを付けている理由がかっこよかった!

大迫傑

大迫傑選手はプライベートの時だけでなく、競技中もピアスをつけています。

ファッションのためであれば、わざわざ批判を受けてまで競技の場でつける理由はありません

大迫傑選手の経歴からも、強いハングリー精神が伺えます。

・大学卒業後は実業団に入社

・たった1年で実業団を退社

・退社後はアメリカに渡ったり、ケニアで合宿に参加

大迫傑選手のピアスには、どんな意味が込められているのか詳しく調査しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Suguru Osako 大迫傑(@suguru_osako)がシェアした投稿

①ハングリー精神

大迫傑

2019年8月のインタビュー記事で、丸坊主やピアスを周囲の批判を気にしてできなかったと話していました。

2018年夏からやりたかったが、周囲の評判などを気にしてできなかった。
「今の僕のありたい姿って何だろうと考えたら、やればいいじゃんと、吹っ切れました」

引用元:朝日新聞社 2019年8月29日

 

自分に向き合うことを大切にし、ありのままの自分で自分のしたいことをしよう、と考えたといいます。

大迫選手はストイックで、強い信念を持つ選手です。

ピアスは、新しい決意の表れなのかもしれませんね。

②サニブラウン・ハキーム選手の影響?

陸上男子100メートルの日本記録をもつ、サニブラウン・ハキーム選手も坊主に両耳ピアスをつけています。

2019年3月頃からピアスを付け始めたようで、記録を伸ばしています。

2019年5月11日 100メートル決勝で優勝(9秒99:日本歴代2位)

2019年6月7日 100メートル決勝で日本新記録(9秒97)

ピアスをつけてから結果を残しているサニブラウン・ハキーム選手に、大迫傑選手も多少なりとも影響を受けたのかもしれません。

ピアスを付けたのはいつから?

2019年6月27日ツイッターに、丸坊主にピアスをつけている姿をアップしていました。

周囲への期待やプレッシャーを跳ね除け、自分と見つめ合うことを決意したのですね。

大迫傑のピアスに賛否両論!付けている理由がかっこよかった!

大迫傑選手がピアスを着けている理由を調査しました。

ピアスには強い信念や、自分らしくありたいという強い気持ちがこめられていました。

ピアスが禁止されているサッカーなどと違い、マラソンでは規則違反となりません。

批判的な意見には耳を傾けず、目標に向かって頑張っていってほしいです。

スポーツ
NEXT JOURNAL