シム・ウンギョンの日本語がネイティブ級に上手い!『七人の秘書で』名演技!

シム・ウンギョン

韓国で9歳に子役でデビューしたシム・ウンギョンさん。

とても流量な日本語でドラマ『七人の秘書で』名演技を披露されています。

シム・ウンギョンさんはなぜ日本語が上手なのか、日本で役者に挑戦した理由などをまとめました。

シム・ウンギョンはネイティブ級に日本語が上手い?!

シム・ウンギョン

本当は日本人?!と疑われたほどに、シム・ウンジョンさんの日本語はとても流暢です。
シム・ウンギョンさんは日本の文化や音楽が好きです。

中学生の時に初めて日本映画を見て、「いつか日本の映画に出たい」と思うようになったと語っています。

インタビューでは2017年くらいに現在の所属事務所(株ユマニテ)と話す機会があり、日本でも女優として働くことを決断、本格的に日本語の勉強を始めました。

韓国映画翻訳の第一人者として有名な根本理恵さんから日本語を教わっていたのも上達の秘訣だったのかもしれません。

根本理恵

2年後の2019年には日本の舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」にも出られており、その習得スピードの早さには驚かされました。

シム・ウンギョン、『七人の秘書』で名演技!

七人の秘書 シム・ウンギョン
2020年10月22日スタートした木曜ドラマ『七人の秘書』で病院秘書役として出演されています。

言われないと「本当に韓国人?!」と疑うほど綺麗な日本語を話されていました。

子役時代から培った表情、目の演技が素晴らしいとSNSでも話題になっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

*** #七人の秘書 第3話 今晩も楽しみに 一日頑張ろう❗ #木村文乃

ふみニストぽん(@fuminist_pon)がシェアした投稿 –

シム・ウンギョン、日本での活躍

左から シムウンギョン 松坂桃李

2019年シム・ウンギョンさん&松坂桃李さんW主演の映画『新聞記者』が公開されました。

2020年3月に韓国の女優として初めて第43回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞。

シム・ウンギョンさんの涙溢れるスピーチは、日本だけでなく韓国でも話題になりました。

『新聞記者』で出演される前にはなんと舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」にも出られていました。
映画やドラマのように失敗できない舞台を見事にこなしたシム・ウンギョンさんの演技力や語学力は本当に素晴らしいです!

まとめ

シム・ウンギョンさんが本格的に日本語を勉強されたのは2017年ということでした。

短期間での上達ぶりに、目を見張るものがあります。

その背景には彼女が大の日本好きで幼少期から日本語に触れてきたのが大きな理由でした。

韓国での人気もさることながら、今後の日本でも活躍も楽しみです。

女優
NEXT JOURNAL