【画像】鈴木亮平の役作りがヤバい!太った時からの変化を時系列で比較してみた

鈴木亮平俳優の鈴木亮平さんの、役作りによる体重の変化が凄まじいと話題でした。

15キロ増量したかと思えば、病人を演じるために20キロの減量…

凄まじい役者魂を感じます。

作品ごとの鈴木亮平さんの体重の変化を、時系列で調査しました。

【画像】鈴木亮平の役作りがヤバい!太った時からの変化を時系列で比較してみた

鈴木亮平

役作りのために、体格まで作り込むことで有名な鈴木亮平さん。

ムキムキの肉体美を披露したかと思えば、病人を演じるためにガリガリに痩せこけています。

体重の振り幅は、56キロ~100キロ近くになるのだとか!

作品ごとの鈴木亮平さんの体重の変化を、時系列で調査しました。

①2013年「HK 変態仮面」 

変態仮面 鈴木亮平

筋肉質の主人公・色丞狂介を演じるため、体重を一度15kg増量した後に脂肪をそぎ落としました。

ただ鍛えるだけでなく、増量をする本気度がやばいです!

②2015年「俺物語!!」

今日から俺は!! 鈴木亮平

巨漢の主人公・剛田猛男を演じるため、30kg増量

身長186cmの巨漢に、太い眉毛ともみあげで迫力満点でした。

ストイックな肉体改造の背景には、イギリス人俳優、クリスチャン・ベールの影響があります。

彼は「マシニスト」や「バットマン」で、体重を増減させたことで有名でした。

③2015年「天皇の料理番」 

天皇の料理版 鈴木亮平

主人公の兄・病弱な周太郎を演じるため、最終的に20kgも減量

クランクイン時は8キロの減量から、徐々に体重を落としています。

本当に心配になるほどの衰弱ぶりに、SNSでも話題となっていました。

④2018年大河ドラマ「西郷どん」

西郷どん 鈴木亮平

晩年の西郷隆盛を演じるため、約100kgまで増量

相撲シーンのために、早稲田大学相撲部で稽古を行っていました。

適度に脂肪がのったリアルさで、西郷隆盛を見事に演じています。

鈴木さん史上、最高に「重い体」でした。

⑤2021年「レンアイ漫画家」

レンアイ漫画家 鈴木亮平

漫画一筋で恋愛下手な、レンアイ漫画家を演じています。

漫画家を演じるにあたり、減量したのでしょうか?

頬がコケている感じがします。

漫画監修のプロのもとで特訓を積み、本格的なペン運びや所作を習得していました。

役作りの意気込みが、凄まじいです!

【画像】鈴木亮平の役作りがヤバい!太った時からの変化を時系列で比較してみた|まとめ

鈴木亮平さんの体重の変化を、出演作から調査しました。

身体づくりから、リアルな演技のための技術習得など、本格的な役作りに驚きました。

「レンアイ漫画家」では、初の地上波民放ドラマ単独主演を務めます。

どんな演技が見られるのか、楽しみです。

俳優
NEXT JOURNAL