milet「Ordinary days」の歌詞意味は?!日常を頑張る人に寄り添う楽曲!

milet

ドラマ「ハコヅメ女子」の主題歌に、miletさんの「Ordinary days」が流れます。

ドラマの為に書き下ろされた楽曲は、どのような歌詞なのでしょうか。

初回放送まで、詳細は明らかになりません。

ドラマストーリーやコメントなどから、歌詞意味を独自解釈しました。

milet「Ordinary days」の歌詞意味は?!日常を頑張る人に寄り添う楽曲!

milet

戸田恵梨香さんと永野芽衣さん主演のドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」。

miletさんの新曲「Ordinary days」が、主題歌に決定しました。

ドラマのために書き下ろされ初回放送時に解禁されます。

どのような仕上がりになっているのか、ドラマあらすじやコメントなどから独自解釈してみました。

milet コメント

milet

原作を読み、主演の2人が警察官として一生懸命に日々を過ごす姿をイメージしながら制作

こんな時代だからこそ、自分自身が誰かを照らせる存在でありたい

手を取り合っていたい。

日常に優しく寄り添いながら前を向いていこうという『ハコヅメ』のメッセージと重ねています。

「Ordinary days」を直訳すると「平日」という意味です。

日常の中で誰かに寄り添い支える姿を、表現している歌詞になっいるでしょう!

頑張る人を支える一曲になること間違いなし!

戸田恵梨香 コメント

戸田恵梨香

ドタバタコメディかと思いきや、それだけではないと思わせる歌

川合が益々愛おしく感じ、大切にしたい。と感じる曲

笑顔を見たい。抱きしめたい。と思わせてくれるそんな曲

ひよっこ警察官の川合を、永野芽衣さんが演じます。

天然新人が葛藤する姿に、励まされるような歌詞になっていそうです。

永野芽郁 コメント

永野芽衣

誰かが側にいてくれるから踏ん張れる、誰かの存在が自分を強くしてくれる

ハコヅメの世界で生きる川合の姿にどこか重なる

背中を押してもらって駆け抜けたい

永野芽衣さん演じる川合のペアに、戸田恵梨香さん演じる藤が着任!

辞表を出すまで追い詰められた川合に、寄り添い支えるような歌詞

日常で踏ん張る人の支えになる楽曲

「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」あらすじ

ハコヅメ

地域の人たちの為に働いているはずが、全く感謝されずハードな交番勤務に身も心もボロボロ…。

早々に退職を決意した、ひよっこ警官の川合麻衣(永野芽衣)。

そんな彼女の前に現れたのが、元エース刑事の藤聖子(戸田恵梨香)。

“交番”を舞台に、藤と川合、最強女性警察官ペアが誕生!!

「お巡りさんの日常」を描く、交番エンターテインメントです。

milet「Ordinary days」リリース情報

milet

2021年7月14日に先行配信スタート!

2021年8月4日に7th EP「Ordinary days」としてCDリリースされます。

まとめ:milet「Ordinary days」の歌詞意味は?!日常を頑張る人に寄り添う楽曲!

miletさんの新曲「Ordinary days」の歌詞意味を、独自解釈してみました。

曲名の意味からも、日常を生きる人への温かいメッセいーじが込められていることが分かります。

物語と歌詞がどのようにリンクしていくのか、楽曲が解禁されるのが楽しみです。