【画像】前園真聖の愛ブタ「セブン」が可愛い!出会いから現在までミニブタの日常まとめ

前園真聖

元サッカー選手の前園さんは、ミニブタを飼っていることで有名です。

SNSやブログでは愛らしい「セブン」の写真が、たくさんアップされています。

そんな「セブン」と前園さんの、出会いから現在までをまとめました。

前園真聖の愛ブタ「セブン」が可愛い!

前園真聖 セブン

前園さんのSNSで度々登場する、ミニブタのセブン君。

家族ショットが「癒される」と話題でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MAEZONO MASAKIYO(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿

・前園真聖の愛ブタ「セブン」プロフィール

前園真聖 セブン

豚種:ポットベリー・ピッグ 

性別:オス 

年齢:11歳(2008年生まれ)

体重:70キロ

体長:頭から尻尾まで1メートルないくらい

性格:賢く、マイペース 

好きな食べ物:カボチャ、ブロッコリーなどの野菜 

苦手な食べ物:キュウリ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MAEZONO MASAKIYO(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿

・前園真聖の愛ブタ「セブン」名前の由来は?

セブンは全体的に黒い体毛で額から鼻までは白い線のような模様があります。

その白い毛が前園さんのが現役時代の背番号であった「7」のような形に見えたことから、「セブン」と命名したそうです。

前園真聖の愛ブタ「セブン」との出会いから現在まで

前園真聖 セブン

2008年10月、趣味の乗馬で栃木県に訪れた際に、ペットショップに立ち寄りました。

ミニブタ(ポットベリー・ピッグ)の赤ちゃんが、目に飛び込んできたそうです。

当時のセブン君は生後2か月で体重は4キロほど、一目ぼれした前園さんは即決で家族として迎え入れました。

2020年現在は体重70キロ、体長約1メートルほどまで成長しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MAEZONO MASAKIYO(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿

前園真聖の愛ブタ「セブン」はミニブタ?!

前園真聖 セブン

ミニブタといっても、体重200~300キロになる家畜のブタよりは「ミニ」というだけで、実際のところ30~40キロまでになります。

セブンは“超大型選手”に育ち、現在の体重は70キロです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MAEZONO MASAKIYO(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿

前園真聖の愛ブタ「セブン」ミニブタの日常まとめ

前園真聖 セブン

ブタはきれい好きで、知能も高いです。

家に来て2日でトイレも全部覚え、きちんとシートの上で用を足すのだとか。

前園さんの溺愛ぶりがわかる、エピソードがたくさんありました。

・冷蔵庫を開けると起きてくる

・後部座席にスロープが設置された特別車で、散歩に

・休日には東京近郊の自然豊かな場所へ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MAEZONO MASAKIYO(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿

【画像】前園真聖の愛ブタ「セブン」が可愛い!出会いから現在までミニブタの日常まとめ|まとめ

前園さんは愛ブタのセブン君を、息子と呼ぶほど溺愛していました。

コロナ禍の自粛期間中も、セブン君との時間を満喫し全く苦にならなかったのだとか。

巨漢であることを除けば、お世話しやすい相棒なのかもしれません。

今後もセブン君の成長を見守りたいです。

芸能ネタ
NEXT JOURNAL