間宮祥太朗の野球歴まとめ!運動神経抜群で始球式139キロを記録!

間宮祥太朗さんは神奈川県出身の俳優です。

運動神経は抜群であり、始球式で139キロを記録しました。

彼は野球の経験があったのでしょうか。

間宮祥太朗さんのスポーツ経験について調査ました。

小学校時代

間宮祥太朗

間宮祥太朗さんは、小学生時代に「野毛オールスターズ」という野球チームに所属していました。

野毛オールスターズは、横浜市立本町小学校を本拠地としているので、恐らく本町小学校に在籍していたのだと思います。

ポジションはピッチャーを任されていたのだとか。

ピッチャーには以下のことが求められます。

良いピッチャーと呼ばれる条件

・狙ったところに投げられる

・投げるリズムが一定

・強心臓

Hatena Blog 2018年6月8日 

ピッチャーというポジションは、チームの勝敗を大きく左右する要のような存在です。

小学生時代から多くの人に、期待されるような選手だったのでしょう。

中学校時代

間宮祥太朗

間宮祥太朗さんは、神奈川県川崎市の「法政大学第二中学校」に在籍していました。

法政大学第二中学校は、法政大学の付属校であり、中学から大学までの「10年一貫教育」による学習カリキュラムが特徴です。

部活動が盛んであり、特に野球部は強豪校と呼ばれる実力がありました。

硬式野球部は過去9回の夏の甲子園に出場し、優勝2回、準優勝1回の実績がある。

Wikipedia

間宮祥太朗さんはプロを目指すほど、野球に力を入れていたのだとか。

そのため、中高一貫制であり、間宮祥太朗さんは強豪校である法政大学第二高等学校への入学のため、私立中学の受験をしました。

私立中学校への進学率は、どれ程なのでしょうか。

2007年には、14人に1人(7%)が私立中学校に進学している

ベネッセ教育総合研究所 中学受験の経年変化 

私立中学校の進学率は全国平均でも10%以下であり、当時中学受験をすることは珍しいこでした。

12歳という若さで将来を見据え、自らの意思で選択できるということはとても素晴らしいとこですね。

高校時代

間宮祥太朗

間宮祥太朗さんは法政大学第二高等学校に内部進学はせず、「神奈川県立神奈川総合高校」に入学しました。

間宮祥太朗さんは中学時代に野球を辞めており、高校では野球には無縁の生活を送りました。

神奈川総合高校は、偏差値66の難関校です。

間宮祥太朗さんは、進学校で大変だったにも関わらず、勉学と芸能活動を両立されていました。

草野球をしていた

間宮祥太朗

野球を引退した後でも、野球の経験がありました。

150球以上を投げ切るのはプロでも大変なことだと思います。

小学生時代から野球に打ち込まれていたので、強靭な肩を持っているのですね。

間宮祥太朗が野球を辞めた理由は⁉

間宮祥太朗

野球を続けるために中学受験を親に頼み込むほど、間宮祥太朗さんは野球に対して熱意を持っていたと思います。

そんな間宮祥太朗さんですが、どうして野球を辞めてしまったのでしょうか。

自分と同じポジションに、もう1人同じようにわりと早めに評価されて、引っ張られて試合に出るような子がいて。

(中略)

僕も上手くなりたい気持ちもあるけど、こんだけ野球に時間を使えるということが、そのまま情熱の差なのかなと思って。そこまで自分に情熱がないのであれば、続けている必要もないなと感じて辞めました。

引用:THE FASION POST 2019年11月12日

間宮祥太朗さんは、同じ野球に打ち込む仲間と比べて、自分の熱意が少ないことを感じ、野球を辞めたと語っています。

間宮祥太朗は運動神経抜群

間宮祥太朗

間宮祥太朗さんは、運動神経が抜群であると言われています。

2021には「炎の体育会TV」に出演。

・2021年1月「芸能界最強ピッチャーVS現役プロ野球最強バッター」

・2021年3月「芸能界最強バッター軍団VS最高年俸3億円ピッチャー」

・2021年6月「 間宮祥太朗vs史上最強マスクマン!! 」

3回も呼ばれるとは、間宮祥太朗さんの運動神経が認められている証拠です。

番組では数々の素晴らしい成績を残しました。

・現役スラッガー 阪神タイガース「糸井嘉男選手」空振り三振

・超一流スラッガー「アレックス・ラミレス」三振

現役スラッガーから三振を奪ってしまうなど、運動神経が抜群でなければ成し得ないことです。

また、間宮祥太朗さんがピッチャーを務めた時にキャッチャーであった上地雄輔さんは、次のように述べています。

マウンドで投げる間宮君を見てるとプロかと思った。感動するすばらしいピッチング

引用:ORICON NEWS 2021年 1月8日  上地雄輔

上地雄輔さんは高校時代に、松坂大輔選手とバッテリーを組んでいたのは有名な話です。

そんな上地雄輔さんから賞賛の声を頂けるのは、間宮祥太朗さんの実力が認められたからですね。

間宮祥太朗は始球式139キロを記録!

間宮祥太朗

間宮祥太朗さんは2019年7月の「阪神VS 横浜」では始球式を担当し、139km/hを記録しました。

当時では芸能界最速と話題を呼びました。

2019年までの歴代芸能人の球速データです。

・135km/h  樽美酒研二 西部-オリックス戦 メットライフ

・133km/h  関口メンディー 巨人-楽天戦 東京ドーム

・131km/h  室伏広治  

間宮祥太朗さんの並ならぬピッチャーの素質を感じました。

   

間宮祥太朗の父親は誰⁈

間宮祥太朗の父親は一般人?!実家がお金持ちの噂を調査してみた!

間宮祥太朗の父親は一般人?!実家がお金持ちの噂を調査してみた!
間宮祥太朗さんは「トライストーン・エンターテイメント」に所属する俳優です。彼の父親は一般人であり、実家はお金持ちなど、間宮祥太朗さんについて様々な噂が立っています。今回は間宮祥太朗さんの父親と、実家の財政について調査しました。間...

まとめ:間宮祥太朗の野球歴まとめ!運動神経抜群で始球式139キロを記録!

間宮祥太朗さんの野球歴について調査しました。

本格的な野球経験は中学時代まででしたが、その後も草野球など経験はされていたようです。

しかし、始球式では139km/hを記録するなど、抜群の運動神経の持ち主であることがわかりました。

演技だけでなくスポーツもできてしまうなんて、誰もが憧れるような存在ですね。

俳優
NEXT JOURNAL