マヂカルラブリーが面白くない5つの理由!邪道だと酷評されていた!

マヂカルラブリー

2020年M-1グランプリで、過去最高店で優勝した漫才コンビ「マジカルラブリー」。

実力もさること名がR、ネタも面白くても人気です。

そんな彼らが「面白くない」「つまらない」と言われていました。

その理由はなんでしょうか?

SNSの声などから、詳しく調査しました。

マヂカルラブリーが面白くない5つの理由!邪道だと酷評されていた!

マヂカルラブリー

吉本興業に所属し2007年から活動している、マヂカルラブリーの二人。

2020年M-1で過去最高得点を叩き出し、見事優勝を勝ち取りました。

ところがSNSからは「面白くない」「高得点の意味がわからない」などと言われています。

面白くないと言われる原因は、どこにあるのでしょうか?

詳しく調査してみました。

①漫才じゃなくコン

2020年のM-1では、漫才ではなくコントだと指摘されていました。

しゃべりより奇抜な動きで笑いを取っており、M-1にはふさわしくないと言われています。

それぞれの大会に適したネタを披露するのも、一つの才能でしょうか。

②うるさい

野田クリスタルさんがバタバタ騒ぎ、村上さんがワーワー言っているだけといった指摘も。

村上さんのツッコミもうるさいと言われていました。

③ネタがわかりにく

マヂカルラブリー

コアなファンには「身内ネタ」も受けるでしょうが、「M-1」のような大会では不適切なネタではないでしょうか。

内容についていけないと感じる人が多かったです。

④世界観が独特

マヂカルラブリー

マヂカルラブリーのネタの世界観が独特で、好き嫌いが分かれます。

正統派の漫才が好みな人にとっては、マジカルラブリーのネタは邪道に見えるのかもしれません。

⑤オチがわかりにくい

松本人志

2020年M-1 審査員の松本人志さんが、オチがないことを指摘していました。

たぶん最大瞬間風速は一番あったんじゃないですか。その後それ以上の風が吹いていないというのがありましたけど。

まとめ:マヂカルラブリーが面白くない5つの理由!邪道だと酷評されていた!

マヂカルラブリーが面白くないと言われている理由を、詳しく調査しました。

王道の漫才ネタを好む人にとっては、邪道で面白くないといった評価が目立ちます。

ですが新しいスタイルとして、評価されているのも事実。

今後の活躍にも注目したいと思います。

芸人
NEXT JOURNAL