チョコプラが面白くないのはモノマネがしつこいから?ゴリ押し疑惑を調査してみた!

チョコレートプラネット 面白くない

「TT兄弟」IKKOさんのモノマネで知られる吉本興業所属のお笑いコンビです。

そんなチョコレートプラネットさん、モノマネがしつこくて面白くない疑惑がありました。

チョコプラが面白くない理由とゴリ押し疑惑について調査していきます。

チョコプラが面白くないのはモノマネがしつこいから?

チョコプラ

2022年8月には「世界の果てまでイッテQ」の出演権を獲得した、チョコレートプラネット。

活躍の場を広げている彼らですが、「面白くない」「つまらない」と言われていました。

芸人が面白いかどうかの投票サイトでは、圧倒的大差で「つまらない」が84%になってます。

おもしろい590票 / 総得票数3703票

引用元:投票トーク

「つまらない」に投票した方々のコメントを見ると、辛口コメントが目白押しでした。

“飽きた”

“どういう層に受けてるの?小学生?”

“モノマネ×モノマネでくどい。IKKO一本で十分やろ。。

どうしてこんなに面白くない、と言われるようになったのでしょう?

チョコプラさんは、前述したIKKOさんや和泉元彌さんのモノマネを即興で「お笑いキャラ」へ作り変えてブレークしました。

また、彼らの強みが出ている「有吉の壁」を見た方の中ではいい評価もあります。

“彼らの強みは即興力です。この番組ではその才能が発揮されています。”

現にYouTubeチャンネル登録者数は165万人にもなり、登録者の多くは若者になります。

100万人も登録者数がいるとは驚きです。

彼らがメインを張るコント番組『新しいカギ』では、番組スタッフによる作り込まれた世界観にキャラがいまいちシンクロせず、評価があまり高くない。

引用元:AERAdot.

バラエティー番組ではブレークしたネタを披露するため、いつも同じでしつこいと言われてしまっています。

確実に面白いとわかっているネタを求めてしまい、チョコプラさん本来の面白さが伝わりにくくなってしまっているんですね。

でもYouTubeの登録者数から、チョコプラさんのネタ面白い!と言ってくれるファンが多いので、実力は確かです。

でも、チョコプラさん自身は同じネタしか披露しないことについてどう思っているんでしょうか?

まさか、ネタがなくてゴリ押ししている?

次はチョコプラさんがネタをゴリ押ししていないか調べてみます!

チョコプラのゴリ押し疑惑を調査してみた!

チョコプラ

巷ではチョコプラのゴリ押しについて、コメントが多数あります。

・どの番組にもとりあえずチョコプラだしとけばいいという思惑が見える

・番組の企画にばかりつきあわされている気がします

・いつも同じことばっかりやってる気がする

確かに「どんだけ~」をしょっちゅう見ていますね。

実はチョコプラさん、テレビのひな壇トークに苦しんでいた時期がありました。

・コントをやっていないときは毒舌でもない、賢くもない、悪でもなかった。

「こっちに振らないで」という顔をすることもあった。

・ひな壇で活躍するにはモノマネを武器にした。

・目が合った瞬間MCから来たフリに「どんだけ~」を叫び、狙い通りウケた。

キャラづくりができれば話が盛り上がりますし、キャラがわからない芸人はひな壇で活躍できません。

でも「生き残ってやるんだ!」という気持ちで叫んだ「どんだけ~」は、お二人にとってこれ以上ない成功体験と言えますね。

モノマネキャラでMCからのお題にこたえることができるから、各番組から重宝されている。

例え周りから「ゴリ押し」と言われようが、笑いを届けられるからモノマネし続けることを選びました。

彼らと連動するようにモノマネを武器にバラエティー番組で活躍する芸人さんが増えてきた。

チョコプラさんは自分たちと同じ悩みを抱えていた芸人さんを救いお笑い界に新風を吹き込みました。

また、大御所である萩本欽一さんからも絶賛されています。

(「キングオブコント2014」の)決勝はネタが悪くて負けちゃったけど。動きはピカイチだった。ネタをやったあとの手さばき、足さばきができるんだよ。

引用元:withnews

テレビの露出が少なかったとき、舞台『江戸のえじそん』に参加し演技力に磨きをかけました

こうした活動によって、萩本さんの言う“芝居の動き”を体得していったんですね。

まとめ:チョコプラが面白くないのはモノマネがしつこいから?ゴリ押し疑惑を調査してみた!

チョコレートプラネットのネタはのレパートリーは、それほど多くありません。

それでも多くの番組に出演することができたのは売れない時期を経験し、努力が花開いた結果です。

これからどんなネタを見せてくれるのか楽しみですね。

芸人
NEXT JOURNAL