【2020】紅白の選曲が微妙すぎる!選曲はNHK!?センスが悪くてファンがっかりの声多数!

第71回紅白歌合戦

第71回紅白歌合戦の「選曲が微妙だ」という声がそれぞれの歌手のファンから多く上がっていました。

紅白歌合戦の選曲はどのように行われているのか、ツイッターの声などもまとめました。

【2020】紅白の選曲が微妙すぎる!センスが悪くてファンがっかりの声多数!

第71回紅白歌合戦

2020年12月31日放送の紅白歌合戦に出場する歌手の曲目が12月21日に発表されました。

この発表を受け、多くのファンががっかりしたようです。

特に「残念」「意外」という声が多かった歌手の曲目をまとめました。

①BABYMETAL 「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

BABYMETAL

BABYMETALが2013年にリリースした曲が選ばれました。

「イジメ、ダメ、ゼッタイ」1曲だけではBABYMETALの良さが伝わらないという声がありました。

②Kis-My-Ft2 「We never give up!」

Kis-My-Ft2

「We never give up!」は2011年にリリースした曲です。

古い曲が選ばれたことにファンは納得がいかない様子でした。

③関ジャニ∞ 「みんなで踊ろう!前向きスクリーム!」

関ジャニ

「前向きスクリーム!」は2015年の紅白歌合戦でも披露していました。

5年前にリリースされた曲で、最近の曲が選ばれなかったことに不満の声がありました。

④乃木坂46 「Route 246」

乃木坂46

「世界中の隣人よ」という曲の方が、コロナ禍の今に合っているという声が多数ありました。

乃木坂46を知らない人にとって「Route 246」は好印象ではないとの意見もありました。

⑤MISIA 「アイノカタチ」

MISIA

2018年紅白歌合戦から3年連続で「アイノカタチ」が選曲されました。

他の曲が聞きたいといった声がありました。

⑥坂本冬美 「ブッダのように私は死んだ」

坂本冬美

死を連想するタイトルや、過激な歌詞が含まれため、不満の声があがっていました。

【2020】紅白の選曲が微妙すぎる!選曲はNHK!?

第71回紅白歌合戦

紅白歌合戦の選曲権限はNHKが持っています。

選曲権は基本的に歌手側には与えられない。このことが歌手から反発を買うことがありました。

第42回(1991年)では披露曲をめぐって番組側と対立したHOUND DOGが出場を辞退した事例もあります。

紅白歌合戦には毎年コンセプトがあり、出場歌手ではなくNHKがコンセプトに合った曲を決めています。

そのため、同じ歌を何度か歌う歌手も出てきてしまいます。

【2020年】紅白のコンセプト

第71回紅白歌合戦

第71回紅白歌合戦のコンセプトは「今こそ歌おう みんなでエール」です。

今こそアーティストたちの思いのこもった歌でみんなにエールを送りたい。

コロナによって傷つき疲れ切っている人々の心を癒し、少しでも明るい気持ちで2021年を迎えて欲しい。今年の紅白歌合戦のテーマにはそんな思いがこめられています。

「明るい気持ちで新年を迎えて欲しい」という思いの割には、暗めの選曲が目立ったように感じました。

【2020】紅白の選曲が微妙すぎる!まとめ

紅白歌合戦の選曲は毎年物議を醸しています。

ファンとしては最近の曲や、売れた曲、この歌手と言えばこの歌!といった選曲を希望するのは当然の事かと思います。

お茶の間やファンの声に沿った選曲で紅白歌合戦を企画すれば、視聴率低迷を脱却できる可能性があるかもしれません。

2020年第71回紅白歌合戦の視聴率や評価がどのようになるのか、見届けたいと思います。

歌手
NEXT JOURNAL