Uru「Love Song」歌詞意味は?!夢追う人への応援ラブソング!

Uru

Uruさんがドラマ「推しの王子様」の主題を務めます。

本作のために楽曲を描き下ろし、作詞・作曲を担当しました。

ドラマ初回放送時に、楽曲が解禁されます。

どのような歌詞になっているのか、ストーリーやコメントなどから解釈してみました。

Uru「Love Song」歌詞意味は?!夢追う人への応援ラブソング!

Uru

比嘉愛未さん主演のドラマ「推しの王子様」の主題歌に、Uruさんの「Love Song」が流れます。

Uruさんがドラマ主題歌を務めるのは、2020年2月、日曜劇場「テセウスの船」以来!

ドラマの為に制作された楽曲は、どのような歌詞になっているでしょうか。

あらすぎやコメントなどから、歌詞意味を独自解釈しました。

Uruコメント

Uru

夢を追い一生懸命に過ごしてきた日々の中

見失ってしまいそうになるものを気付かせてくれた人との出会い

仲間の存在、周りにいる大切な人への想いを、歌にして閉じ込めた

“心の中に想う人がいる”ということに、なかなか素直になれずにいる方にも響いてくれたらいいな

脚本を何度も読み、何度も楽曲と歌詞を作り込んで仕上がった作品。

ラブソングでもあり、一生懸命に夢を追う人への応援歌でもあります。

主人公たちの恋に寄り添い、応援するような歌詞に仕上がっているでしょう。

編成企画:狩野 雄太コメント

狩野 雄太

ミディアムテンポのラブソング

優しさもあり、夏らしい湿度もあり

人と人が出会い日々を重ねていく事の喜びや希望を感じることができる

泉美と航、どちらの視点からでも聞くことができる楽曲

ドラマの世界観にマッチ

優しいテンポながら、夏らしく爽やかな楽曲。

人との出会いが、人生に潤いを与えてくれると感じる歌詞。

ドラマの世界観に浸り、主人公たちの恋模様を連想するような歌詞になっていそうです。

「推しの王子様」あらすじ

推しの王子様

主人公の日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長です。

日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を、理想の男性に育てるため奮闘!

“逆マイ・フェア・レディ”の日々が描かれたドラマです。

主人公たちの出会いと恋が、希望や喜びに感じる歌詞に仕上がっていそうです。

「マイ・フェア・レディ」あらすじ

貧しい花売り娘のイライザの酷い訛りを聞いたヒギンズ教授(紳士)。

イライザを自宅に住まわせ、半年間で貴族たちが集まる舞踏会に行けるようになるまでにすると約束…。

1964年のミュージカル映画で、アカデミー賞を独占!

オードリー・ヘプバーンの代表作としても知られる名作です。

まとめ:Uru「Love Song」歌詞意味は?!夢追う人への応援ラブソング!

Uruさんの新曲「Love Song」の歌詞意味を独自解釈してみました。

大切な人を思い浮かべるような歌詞になっていそうです。

楽曲はドラマ初回放送時に解禁されます。

ドラマの内容にどう寄り添っているのか、必聴です。