Sexy Zone「夏のハイドレンジア」歌詞意味は?切なくて温かいサマーラブソング

セクシーゾーン

ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌に、Sexy Zoneの「夏のハイドレンジア」が流れます。

秦基博さんがドラマの為に、書き下ろした楽曲です。

楽曲はドラマ初回放送時に解禁!

どんな歌詞に仕上がっているのか、秦基博さんのコメントなどから独自解釈しました。

Sexy Zone「夏のハイドレンジア」歌詞意味は?切なくて温かいサマーラブソング

彼女はキレイだった

中島健人さんと小芝風花さんが主演を務める、ドラマ「彼女はキレイだった」。

Sexy Zoneの新曲「夏のハイドレンジア」が、主題歌として流れます。

秦基博さんが脚本を読んで、ドラマの為に作詞作曲を手掛けました。

ドラマ初回放送日に、歌詞が解禁されます。

どのような楽曲に仕上がっているのか、ドラマのあらすじやコメントなどから解釈しました。

「彼女はキレイだった」あらすじ

彼女はキレイだった

イケメンエリートで“最恐毒舌”副編集長を中島健人さん、冴えない無職残念アラサー女子を小芝風花さんが演じます。

ヒロインを凛と咲くアジサイの花(=ハイドレンジア)に見立て「そのままのあなたでいいんだよ」包み込む一曲に仕上がっています。

切ないけど、どこか温かい…。

聴くとHappyな気持ちになれる、サマーラブソングです。

佐藤勝利コメント

佐藤勝利

・誰もが知る普遍的な花を、憧れの存在として表現されている

・秦さんの目線がすごく素敵

誰もが知るあじさいでも、大切な人であれば憧れの存在に成り得る。

秦基博さんの独特な世界観を堪能できる歌詞に、仕上がっているでしょう。

中島健人コメント

中島健人

・Sexy Zone史上究極のラブソング

・この曲はドラマの中では宗介から愛に気持ちを伝える歌

ドラマとリンクした愛を伝える歌詞は、ドラマを盛り上げてくれるでしょう。

Sexy Zoneからファンへの、愛の気持ちも載せられていそうです。

【画像】中島健人は足が長くて8頭身?!スタイルの良さを検証してみた!

【画像】中島健人は足が長くて8頭身?!スタイルの良さを検証してみた!
スタイルおばけというあだ名がある、Sexy Zoneの中島健人さん。 身長176㎝で、足が長くスタイル抜群です。 ファンの間でも長い足が話題となっていました。 中島健人さんの足の長さや、スタイルの良さを検証しました...

菊池風磨コメント

菊池風磨

・すごく耳触りが心地よくて、やさしい感じの曲

・まっすぐで歌詞もピュアで美しい

・どこか夏のせつなさ、儚さを感じる素敵な1曲

夏の終りに感じる、どこか切なくて儚い感情を歌い上げた歌詞になっているでしょう。

松島聡コメント

松島聡

・ストレートに想いを伝える歌詞が印象的

・しっとりした甘いラブソング

「好き」「愛している」といった、愛の言葉を織り交ぜ甘いラブソングになっていそうですね。

秦 基博(作詞・作曲)コメント

秦基博

脚本を読ませていただいてから、この曲を作りました。

ハイドレンジア=西洋アジサイ。

雨の中、季節を越えて懸命に咲く花のような「君」と、それを見つめる「僕」の想いを歌に

真っ直ぐで、等身大のラブソング

健気な「君」をアジサイに例え、飾らない言葉で愛を伝える歌詞になっています。

ドラマのストーリーとどのようにマッチしていくのか、楽しみです。

「夏のハイドレンジア」リリース情報

「夏のハイドレンジア」は、2021年8月4日リリースされます。

3形態同時予約購入特典には、オンラインファンミーティングが視聴可能!

・「Sexy Zone SZ10TH ONLINE FAN MEETING -VOL2- ~結成10周年SP~」視聴用シリアルコード

・A4サイズオリジナルクリアファイル2枚セット

Sexy Zone 10周年Year第2弾シングル「夏のハイドレンジア」の発売を記念して、結成記念日の9月29日(水)にオンラインファンミーティングを開催!

まとめ:Sexy Zone「夏のハイドレンジア」歌詞意味は?切なくて温かいサマーラブソング

「彼女はキレイだった」の主題歌「夏のハイドレンジア」の歌詞を、独自解釈してみました。

Sexy Zoneのメンバーのコメントからも、愛をストレートに歌った歌詞なのが分かります。

ファンにとっても忘れられない一曲になるのではないでしょうか。

ドラマ初回放送で、楽曲が解禁されるのが楽しみです。

ジャニーズドラマ主題歌
NEXT JOURNAL