大泉洋の司会がやっぱり下手?!評価が分かれるのはうるさいからだった!

大泉洋

2021年の紅白歌合戦の司会に、2年連続で大泉洋さんが抜擢されました。

2020年の司会では、賛否両論だった大泉洋さんの司会。

評価が別れた理由や、下手と言われた原因を調査しました。

大泉洋の司会がやっぱり下手?!

大泉洋

2020年紅白歌合戦に引き続き、2021年の司会も務めることになった大泉洋さん。

その発表を受け、SNSでは「最悪」「司会下手」といった声がありました。

大泉洋さんは「水曜どうですが」で番組を進行したり、「SONGS」の番組責任者を務めたこともあります。

司会進行は全くの初心者ではないはずなのに、何故下手と言われているのでしょうか。

評価が分かれる理由を、SNSの声などから調査しました。

大泉洋の司会の評価が分かれるのはうるさいからだった!

大泉洋

紅白実施本部長が、2年連続紅白の司会に大泉洋さんを抜擢した理由をコメントしていました。

「第72回NHK紅白歌合戦」の実施本部長・杉山賢治コメント

明るく巧みな話術

抜群のユーモアのセンスを併せ持つ

新たな司会スタイルでお送りする

大泉洋さんのユーモアさと話術で、斬新な司会スタイルを期待しているのですね。

2020年の大泉洋さんの司会が下手と言われていた理由は以下でした。

・司会がうるさくて好き嫌い分かれそう

不愉快になった

嫌いになりそう

あまりに盛り上げていた様子から、不愉快と言った声が多くあります。

一方で、司会の続投に喜びの声も多く見られます。

2020年の紅白司会で盛り上がっていたTwitterのタグ「#大泉洋司会の紅白でありそうなこと」が、また使われていました。

まとめ:大泉洋の司会がやっぱり下手?!評価が分かれるのはうるさいからだった!

大泉洋さんの司会が下手と言われる理由を、SNSの声などから調査しました。

一番の原因はうるさいことだとわかります。

大泉洋さんの良さが発揮された司会でしたが、2021年には多少おしとやかな司会進行が見られるでしょうか。

本番当日に、注目したいと思います。

俳優
NEXT JOURNAL