永野芽郁が天然であざといと言われる5つの理由!本当の性格はどうなのか調査!

永野芽郁

現在CMやドラマで活躍中の永野芽郁さん。

明るく可愛らしい姿が人気を集めている人気女優さんです。

そんな永野芽郁さんですが、天然であざといという声も聞かれているようです。

どんなところがあざといのか、本当の性格はどうなのか調べてみたいと思います。

永野芽郁が天然であざといと言われる5つの理由!

2022年7月ドラマ「ユニコーンに乗って」で、初主演を務める永野芽郁さん。

純粋そうに見えて可愛いと言われて人気な反面、天然であざといともいわれているのはなぜなのでしょうか。

あざといと言われてしまう理由について、検証してみたいと思います。

①芸人のギャグを披露

2019年3月5日「ウチのガヤがすみません!」で、根菜キャバレーのきったんさんに伝授された「自己紹介ギャグ」が可愛いと話題になりました。

にゃんこポーズをしながら「私の名前は永野ニャーです」

ゾウの鼻ポーズをしながら「あっ、違う違う、私の名前は永野パオーンです」

「違う違う違う、私の名前は永野メェ~です」

ノリノリでギャグを披露した永野さんを、司会の後藤さんとヒロミさんも大絶賛

ネットでも可愛いと話題になっています。

ギャグも恥ずかしがらず出来てしまうのも、あざといと言われる理由なのかもしれませんね。

②天の川を知らない

永野芽郁さんが都内で開催された2019年7月3日「カルピス100th 七夕に会おう展 プレス内覧会」で、天の川を知らなかったと発言しました。

天の川は絵本とかそういう世界の中の話だと思っていて。空に川があることって、どういうことって?私の友達、みんな知らないと思います。今年はみんなで見たいと思います

引用元:日刊スポーツ

天然発言をして会場を沸かせた永野芽郁さん。

これを聞いた世間の反応はどうでしょうか。

さすがに「天の川を知らない」というのは無理がありそうですね。

計算して発言しているのだとしたら、かなりあざといですね

③支離滅裂

永野芽郁さんはドラマ「半分、青い」の番宣で、スポーツ経験の有無を聞かれました。

始めはスポーツ経験は無い、と発言していましたが、唐突に「新体操を習っていた」と発言。

これには共演者も「スポーツ経験無いっていってたじゃん!」と突っ込まれていました。

実際に永野さんが新体操を披露している姿を見てみましょう。

とても上手に見えますね。これでスポーツ経験が無いというのは無理がありそうです。

支離滅裂ともとれる天然な発言が、あざといと言われる理由なのかもしれません。

④天然ぶっている

永野芽郁

永野芽郁さんが2019年3月14日「モニタリング」に出演した際、犬の鳴き真似を披露し話題を呼びました。

ロケバスに隠れインタビューに答える一般人の前に、突然現れるというドッキリ。

永野芽郁さんを「犬のようにかわいい」と評する一般人に、「クーン」と犬の物真似を披露したのです。

これを主に男性を中心に視聴者は大絶賛。

しかし、一部の視聴者からは「天然ぶってて無理」「実は計算高いのでは?」などの批判的な意見も出ていました。

確かに、犬の鳴き真似なんて、自分が可愛いとわかっていないと出来ないですよね。

そういうところも「あざとい」と言われる理由なのかもしれません。

⑤ジャニーズとの熱愛の噂

伊野尾慧

2017年映画「ピーチガール」で永野芽郁さんはジャニーズの伊野尾慧さんと共演しました。

その際、Twitterに二人のプライベートショットが流出し炎上しています。

永野芽郁

この画像は、プライベートショットではなく、撮影のオフショットでしたが、永野芽郁さんが友人に送ったものだったので、芸能人としての自覚に欠けるのでは?という意見もありました。

永野芽郁の本当の性格はどうなのか調査!

永野芽郁

「あざとい」「計算高い」と噂の永野芽郁さんですが、本当の性格はどうなのでしょうか。

永野芽郁さんは自他共に認める「他人を放っておけない性格」なのだとか。

Instagramでファンのコメントに対し、永野芽郁さんは応援の返信をしたりとファン思いの一面がありました。

永野さんから返信が来た!とファンからは喜びの声が続々とあがっています。

世間からは「あざとい」「計算高い」と言われていますが、ファンは永野芽郁の本当の性格をわかっているのかもしれませんね。

まとめ:永野芽郁が天然であざといと言われる5つの理由!本当の性格はどうなのか調査!

支離滅裂な発言や、計算高そうな行動から天然であざといと言われる永野芽郁さん。

ですが、本当は他人を放っておけない、ファン思いの一面があると判明しました。

初主演のドラマも公開を控えていますし、これからの活躍に益々期待したいですね。

女優
NEXT JOURNAL