東京五輪|男子サッカーの南アフリカ戦の審判(ジーザス)がヤバい!買収されている?!

ジーザス ヴァレンズエラ

東京五輪の男子サッカー、初戦は南アフリカとの対戦です。

盛り上がりに欠けるといった指摘があるなか、主審の判断がヤバいと話題でした。

主審はベネズエラ出身のJesus(ジーザス)さんです。

SNSでは敵国に買収されているのでは?といった声も。

詳しく調査しました。

東京五輪|男子サッカーの南アフリカ戦の審判がヤバい!買収されている?!

東京五輪 男子サッカー

2021年7月22日、男子サッカーの初戦は南アフリカとの対戦。

素人目から見ても主審の判断が不公平で、SNSからも不満の声が多くありました。

男子サッカー 南アフリカ戦 審判

ジーザス ヴァレンズエラ

ジーザス ヴァレンズエラ

主審はベネズエラ出身のJesusさんです。

SNSでは審判の判断に、批判的な声が多く見られました。

買収されていなければ、初心者

パスコースをふさいでいる

日本人選手が抗議をしていない

まとめ:東京五輪|男子サッカーの南アフリカ戦の審判がヤバい!買収されている?!

オリンピックの場でありながら、公平でない審判に批判の声があがっていました。

純粋に試合展開を楽しむことができず、残念に思います。

今後の試合でも主審を担当するのでしょうか。

注目したいと思います。