中田久美の監督評価が酷すぎた!五輪敗退の原因は何なのか調査してみた

中田久美

中田久美監督率いる女子バレーが、東京五輪でまさかの敗退。

勝ち進めなかったことに、中田久美監督の手腕が問われていました。

決勝に進めなかった理由は、何でしょうか?

詳しく調査しました。

中田久美の監督評価が酷すぎた!

中田久美 東京五輪女子バレーは、ドミニカ共和国に破れ1次リーグ敗退

出場した五輪で決勝トーナメント進出を逃したのは、1996年アトランタ五輪に続いて2度目となりました。

残念な結果に、中田久美監督の戦法や監督としての手腕に厳しい声があがっています。

東京五輪の大舞台で、女子バレーが決勝に進めなかった理由は何でしょうか?

理由を調査しました。

五輪敗退の原因は何なのか調査してみた

中田久美

中田久美監督は「天才セッター」と呼ばれ、五輪3大会に出場した選手。

引退後は解説者を経験し、2012年7月に国内トップチームだった久光製薬の監督に就任しました。

ここではしっかりと実績を残しています。

・プレミアリーグ(現Vリーグ)優勝3回

・全日本選手権4連覇

なぜ東京五輪では結果を残すことができなかったのでしょうか?

①戦法が古い

女子バレー中田久美監督は、自身の現役時代のスタイル「時間差攻撃」を貫いていました。

中田久美監督の現役スタイル(80~90年代)

サーブレシーブを低い位置であげる

ネット際のセッターに返す

速い攻撃を仕掛ける

しかしこういったスピード攻撃は、世界相手に通用していませんでした。

②アタックが決まらない

女子バレー

サーブレシーブの「速さ」と「低さ」にこだわった余り、アタックが全く決まらない事態に。

レシーブで余裕を「作らない」日本の攻撃パターンはレフト一辺倒

要所で相手ブロックに阻まれる

レシーブから速いため、アタッカーは攻め急いで手打ち

選手の良さが生かせていない

これでは相手に攻撃が見透かされ、ポイントにも繋がりません

③世界のトレンドを無視した

女子バレー

中田久美監督は、あえて世界とは違った戦い方を選んでいました。

世界のトレンドは、「速さ」から「シンクロ」へと変化しています。

【世界のトレンド】

サーブの強さが増す

サーブレシーブは真ん中に高く上げれば良い

アタッカーに時間的な余裕を作り、常に4人のアタッカーが同じテンポで助走に入る

相手ブロックの迷いを生じさせる

 

中田久美が老けた⁈

2021現在|中田久美の白髪がヤバい!老けて劣化したのはいつか調査!

2021現在|中田久美の白髪がヤバい!老けて劣化したのはいつか調査!
日本女子バレーの監督を務める中田久美さん。 かつて現役選手としても活躍していました。 そんな中田久美監督が、「老けた」「白髪がヤバい」との声があります。 いつ頃から白髪が目立ち始めたのでしょうか? 若い頃から、時系列で変化を調査...

中田久美の写真集がヤバい!

【画像】中田久美の若い頃が美人すぎる!写真集が衝撃的だった!

【画像】中田久美の若い頃が美人すぎる!写真集が衝撃的だった!
日本女子バレー代表の監督を務める中田久美さん。 現役時代は選手としても活躍、メダリストでもあります。 そんな中田久美さんは、若い頃にモデルを経験したり写真集を出版していました。 若い頃の画像や、エピソードなどをまとめていきます。 ...

まとめ:中田久美の監督評価が酷すぎた!五輪敗退の原因は何なのか調査してみた

決勝トーナメント進出を逃すという、残念な結果に終わった女子バレー。

中田久美監督の任期は東京五輪まででしたが、今回の敗因からクビになったとまで言われていました。

選手時代を知るファンからは、中田久美監督の継続を希望する声もみられました。

今回残念な結果に終わりましたが、どんな形であれ今後もバレー界をひっぱっていって欲しいです。

バレー
NEXT JOURNAL