岡田健史は演技が下手と言われる理由は?過去の作品の演技力を調査!

アフィリエイト広告を利用しています。

岡田健史

俳優の岡田健史さんの演技が下手すぎるという声がありました。

デビュー作の「中学聖日記」では助演男優賞を受賞されています。

岡田健史さんの演技力を過去の作品を調査しました。

岡田健史は演技が下手と言われる理由は?

岡田健史

岡田健史さんのデビュー作はドラマ「中学聖日記」です。

オーディションには10000人以上の応募があり、約1年がかりで行われました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TBS10月火曜ドラマ「中学聖日記」(@chugakuseinikki_tbs)がシェアした投稿

デビュー作で「第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞」を受賞

しかし、SNSでは「演技が下手」「台詞が棒読み」などの声がありました。

岡田健史さんの演技力を、過去の出演作で調査しました。

岡田健史は演技が下手と言われる理由は?過去の作品の演技力を調査!

岡田健史

2018年に「中学聖日記」で俳優デビュー後、様々な作品に出演しています。

岡田健史さんの代表的な作品を中心に、SNS、監督からの評価などをまとめました。

①2018年デビュー作「中学聖日記」

岡田健史さんは演技経験がほとんどないため、演技が下手という声が多くありました。

ですが、その初々しい演技が役にはまって良い味を出していました。

回を重ねるごとに、岡田健史さんの演技が上達しているのがわかります。

・高校時代でも演技で賞を受賞していた?!

岡田健史 演技

「髪をとかす八月」

高校時代に校長先生から勧誘を受け、「全国高等学校演劇大会」に参加しています。

戦時中の日本の様子を語り継ぐ物語で、岡田健史さんは特攻隊に入隊するヒロインのいとこ役を熱演!

見事九州地区大会で優勝し、名指しで称賛の言葉をもらっていました。

称賛されたことに感激したのが、芸能界入りを決意した要因です。

・岡田健史の芸能界入りきっかけは?

岡田健史 高校時代

中学1年生の時に、所属事務所「スパイスパワー」からスカウトを受けました。

その後、5年にわたってスカウトされ続けます。

小学2年生から野球一筋で甲子園を目指していたため、断り続けたのだとか。

私立創成館高校に特待生として入学し、地元でも有名なイケメン捕手でした。

野球部引退後に出場した演劇の大会をきっかけに、役者になることを決意しています。

②2020年「MIU404」

岡田健史 miu404

「中学聖日記」に続き、「MIU404」でもプロデューサーを務めた新井順子さんは、岡田健史さんが俳優として成長したとコメントしていました。

・顔つきが俳優という顔になった。

・現場での立ち振る舞いも成長。

・あの頃は右も左もわからない、段取りもよくわかっていない感じ。

・今はしっかり俳優として現場に立っている。

・いろいろお芝居を試してみようとしているのも感じる。

SNSでも演技が上達したことに、驚く人が多くいました。

②2020年ドラマ「いとしのニーナ」

いとしのニーナ 岡いとしのニーナ 岡田健史

「中学聖日記」に続き、こちらも学生役での主演でした。

刑事役を演じた「MIU404」と同時期に放送されていたため、演技の振り幅や台詞のない演技が絶賛されています。

③2020年10月公開映画「望み」

岡田健史

岡田健史さんは映画「望み」で「第33回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎新人賞」を受賞しました。

堤幸彦監督は岡田健史さんの芝居について、以下のように評していました。

・若い俳優の中で誰にも代えられない存在感を持っている

・目力すごい。

・今まで向き合ったことがない、芯の強さを感じた。

・言葉数や表現力の多さではなく、黙っていても伝わってくるというか。

・大物の予感みたいなのはすごく感じました。

2018年にデビューしてから約2年、ここまでの成長ぶりが素晴らしいですね。

岡田健史は演技が下手と言われる理由は?過去の作品の演技力を調査!まとめ

「中学聖日記」で演技経験がない中、役にマッチした等身大の姿を披露した岡田健史さん。

「MIU404」で彼の成長振りに、驚いた人も多いのではないでしょうか。

岡田健史さんは、俳優として着実にステップアップしていました。

今後の演技に注目したいです。

俳優
NEXT JOURNAL