上白石萌音は英語がぺらぺら!勉強法は?トリリンガルで帰国子女だった!

上白石萌音

女優の上白石萌音さんの英語が、流暢ですごいという声がありました。

実は彼女トリリンガルで、帰国子女という経歴の持ち主でもあります。

上白石萌音さんの英語の勉強方や、通っている大学を調査しました。

上白石萌音は英語がぺらぺら!

上白石萌音

上白石萌音さんは女優でありながら、歌手やナレーションなど幅広く活動しています。

歌やインタビュー、お芝居まで様々な場面で流暢な英語を披露していました。

英語を披露されている場面で、上白石萌音さんの英語力を調査していきます。

①「On my own」英語の歌

上白石萌音さんが感情移入して歌っているので、世界観に引き込まれますね。

②「Home sweet tokyo」全編英語のドラマ出演

上白石萌音さんが出演する「Home sweet tokyo」Season4の予告動画です。

抑揚のある喋り方が、ネイティブっぽくて本当にお上手です。

③映画「アリータ」でのインタビュー

上白石萌音

通訳を介さず映画の撮影の話から、地元鹿児島のPRやガールズトークまで盛り上がっていました。

「アリータ」主演ローサ・サラザールさんは、後に上白石萌音さんとの対談で緊張がほぐれたとコメントしています。

英語でしっかりとコミュニケーションを取るだけでなく、お相手の懐に入りこむ話術に脱帽です。

④ラジオ「good night letter」

リスナーからの要望で、急遽英語でトークを始めた上白石萌音さん。

スラスラと英語が出てきて素晴らしいですね!

⑤映画「スタートアップガールズ」インタビュー

DisruptingJapanが行ったロングインタビューでは、20分近い内容のインタビューに全て英語で受け答えをしていました。

自身の経験と交えながら、とてもわかりやすく英語で話しています。

上白石萌音の英語勉強法は?

上白石萌音

高校時代に芸能活動と並行して、勉強漬けの日々を過ごしていました。

英語を習得するために、しっかりインプット&アウトプットを実践しています。

①英語の小説を読む

星の王子さま

上白石萌音さんは「好きな海外小説」を原文で読んでいました。

「星の王子さま」のような、ストーリーに馴染みのある小説を選ぶとわかりやすいですね。

読みやすい洋書もたくさんあるので、興味がある人はチャレンジしてみてください。

②普段から英語を話す

ラジオ英会話では「英語はスピーキングが大切」と、普段から英語を話すことを意識していました。

間違えていても、まずは発音して声に出してみる!ということが大切なのですね。

③コミュニケーションを意識

上白石萌音さんが通う大学では、プレゼンテーションの授業があるのだとか。

わかりやすく伝えるための表現や、コミュニケーションを意識するのが大切です。

こういった授業での学びが、実際のインタビューなどに生かされていました。

上白石萌音はトリリンガルで帰国子女だった!

この投稿をInstagramで見る

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

お父さんがメキシコの日本人学校で働いており、小学3年生から3年間メキシコに住んでいました。

現地ではメキシコ語や英語でコミュニケーションを取っていたのだとか。

この頃に英語発音の基礎を、身に着けたのですね。

スペイン語検定6級を取得しており、大学でもスペイン語の勉強に励んでいました。

・上白石萌音の出身高校は?

上白石萌音

上白石萌音さんは都内の実践学園高校(偏差値58~62)の普通科に通っていました。

学習指導に熱心な高校で、1年生の時からビシバシと鍛えられたのだとか。

・上白石萌音さんの通っている大学は?

上白石萌音

2016年4月に明治大学国際日本学部(偏差値55~62)に入学しました。

高校時代から芸能活動を行っていた上白石萌音さんですが、AO入試ではなく一般入試で明治大学に合格。

2016年7月大學新聞のインタビュー記事では、芸能活動と学業の両立の大変さが伺えました。

・英語の授業が週に8コマ

・英語でプレゼンテーションを行う

・翻訳の授業を専攻

・履修科目も多く、週に5日間大学に通っている

・マルチに色々なことができる学部で楽しい

上白石萌音は英語がぺらぺら!勉強法は?トリリンガルで帰国子女だった!まとめ

上白石萌音さんのスペインで過ごした幼少期から学生時代の勉強法など、英語が上達した要因をまとめました。

芸能活動と並行して勉学に励まれ、現役で明治大学に合格しました。

とても努力家で素晴らしいですね。

大好きな英語を活かして、ますますご活躍されることかと思います。

女優
NEXT JOURNAL