佐々木宏のCM受賞作がすごかった!なのに視聴者ウケがイマイチな理由がヤバい!

佐々木宏

佐々木宏さんは、電通出身のクリエーティブディレクターです。

これまでに様々なCM制作に携わり、多くの受賞作を生み出していました。

ところが視聴者ウケはあまり良くなく、批判的な声も見られます。

佐々木宏さんが作るCMが、嫌われていたのはなぜでしょうか?

一度は見たことがあるような、受賞作などをまとめました。

佐々木宏のCM受賞作がすごかった!

佐々木宏さんは、電通でコピーライターとして活躍されていました。

数々のCMを手掛けており、受賞作も多くあります。

ところが視聴者ウケはあまり良くなく、批判的な声も見られます。

受賞した作品への、視聴者の反応をまとめました。

①ソフトバンク「白戸家シリーズ」

ソフトバンク 白戸家 佐々木宏

一家の大黒柱が、犬であることに違和感を抱いた視聴者がいました。

なんか好きになれないとの声があります。

②コーヒー飲料「BOSS」の「宇宙人ジョーンズシリーズ」

BOSS CM 佐々木宏

日本語や日本の文化を理解してない白人を、宇宙人に見立てる設定です。

一見面白く感じますが、差別なのではという見方がありました。

人種差別

人種の違いをネタにしている

③JR東海の「そうだ京都、行こう」

そうだ京都行こう CM 佐々木宏

こちらのCMのキャッチコピーは、今も使用されています。

耳に残るフレーズで、評判も上々でした。

④2016年リオデジャネイロ五輪閉会式

安部首相 マリオ

2016年リオデジャネイロ五輪閉会式で、佐々木宏さんが「ハンドオーバーセレモニー」を企画演出しています。

当時の安倍晋三首相が、スーパーマリオ役でサプライズ登場しました。

佐々木宏のCM受賞作がすごかった!なのに視聴者ウケがイマイチな理由がヤバい!

佐々木宏

数々の受賞作がありながら、視聴者ウケは良くありません。

佐々木宏さんの「笑い」の感性には、以下のような要素があると指摘されています。

・人種差別

・容姿批判

・人を小ばかにする笑い

佐々木宏のCM受賞作がすごかった!なのに視聴者ウケがイマイチな理由がヤバい!まとめ

記憶に残っていたCMが、いくつかあったのではないでしょうか。

どれもユニークですが、視聴者からは好意的に捉えられていませんでした。

だんだんと「笑い」の感性が、時代に合わなくなってしまったのでしょう。

そうだ京都、行こう」のような、長く愛されるキャッチコピーを期待しています。

芸能ネタ
NEXT JOURNAL